忍者ブログ

芸術系MEMO。読書したり観劇したり創作したり撮影したり哲学したり。ネットの辺境を漂いながら考察する無駄のかたまり。

2017 . 12
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • イイネ革命!
    世界の片隅で秋夢子さんを応援する活動

    素敵な歌声を聞こう♫
    ブログ内検索
    時々呟いてみたり
    東京の週刊天気予報
    まんまるメーター2号
    いろいろ
    にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
    にほんブログ村

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    たまにはアクセス稼いだっていいじゃないw
    移転準備中ですけどね。



    せっかくなのでこちらもどうぞ


    拍手[0回]

    PR

    国立西洋美術館の
    プラド美術館所蔵「ゴヤ展」に行ってきた。
    http://www.goya2011.com/outline/index.html



    以前プラド美術館を訪れた時はあまり気にならなかったのだけれど
    今回の展示はコミカルで批評的な素描の展示が大半で
    画家というより漫画家だと思った。
    豊かな色彩も悪く言えば漫画的なのかも?

    最初の展示が自画像だったのだけど
    内向的な瞳をしていたのが印象的だった。

    そう思って他の作品を観てみると
    作品に描かれている人物はこちらをみているのに
    何処に移動してもその人物と視線があわず
    生き生きと描かれているはずなのに
    何かを考え込んでいて何処も観ておらず
    どことなく不気味な印象を受けた。

    名作と言われるカルロス4世の肖像画(wiki掲載)
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%82%B94%E4%B8%96_%28%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E7%8E%8B%29
    を見ているとあやういスペインの姿が見えてくるようで興味深い。





    拍手[1回]

    サイエンス映像学会が主体で、
    東北大震災被災地の過去、現在、未来の映像・写真の提供を求めています。
    興味もたれた方はリンクをご覧ください。
    http://311archives.jp/group.php?gid=10149

    募集する写真や動画

    ・ 被災前の地域の様子が分かるもの

    ・ 被災前の風景や住民の営み、生活、お祭り、文化、その他、

    ・ 地域の記憶や思い出を再生するための情報

    ・ 地震や津波の様子が分かるもの

    ・ 避難の様子が分かるもの

    ・ 避難所の様子が分かるもの

    ・ その他、東日本大震災に関係する内容で、後世に伝えるべき情報


    送付物

    ・  写真や動画などのデータ
    ・  撮影日時、撮影場所、撮影者などが分かるデータ
    ・  同意書 Word形式 PDF形式 
    ・  肖像権に関する同意書 Word形式 PDF形式
        (個人が特定できる情報がアーカイブデータにある場合)

    拍手[0回]

    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]